山梨県南部にある日蓮宗の総本山・身延山久遠寺は、季節とともに美しく変化していく風景が楽しめる素晴らしい場所です。2019年4月、桜を見に行って来ました。

門前町からスタート

今回は門前町の最下部、総門をくぐったところにある町営駐車場を利用しました。一般的には本堂下の斜行エレベータ手前にある駐車場を目指しますが、長くて狭い急坂の先にありますので混雑しているときは行くのも戻るのも時間がかかってしまいます。今回のようにハイキング目的でしたら、下の方に駐車して歩いていくほうが楽しいです。

我々は今回も子連れハイキング。身延山久遠寺の境内は急坂や階段が多いので、赤ちゃん連れにはベビーキャリアが便利です。

ハイキングのおやつに、門前町でみのぶまんじゅうを買いました。

圧巻の三門、、はスルーして脇の坂を登る

門前町を抜けて、三門の前に古い桜の木がいい感じに咲いていました。

迫力ある大きさの三門です。ここを直進すると、本堂までとんでもなく急な石段を登らなければならないので、左脇の坂道を進みます。

坂の途中にもところどころに桜があって美しく咲いていました。

途中の分岐を左手に進むと日蓮聖人御廟です。こちらは後で行くことにして、まずは本堂を目指します。

途中の桜も満開でした。

坂を登りきると有料駐車場があり、その奥に本堂へ上がる斜行エレベータがあります。

斜行エレベータからは、西谷の桜の様子がよく見えました。ほとんどの木が満開の桜に見えます。西谷にはあとで行きますが楽しみです。

身延山久遠寺本堂前の枝垂れ桜が見事

久遠寺の本堂前には見事な枝垂れ桜がありました。

正面から見たところ。大きく古く茂った枝からこぼれ落ちるように咲く桜。

ずっと眺めていたくなる美しさです。

本堂のあるエリアには他にも小さな枝垂れ桜がありました。これは地面に届きそうです。

まるで桜のカーテンです。

この日は雲の少ない青空の好天でした。青とピンクのコントラストがすごく良いですね。

本堂のエリアからは坂を降って三門に戻りました。振動が気持ちよかったのか、ここで娘ちゃんは寝てしまいました。

身延山・西谷の桜は隠れた名所

本堂の枝垂れ桜は見事でしたが、ここ身延山で我々がオススメしたいのは、「西谷」の桜です。三門を通り過ぎてしばらく歩くと左側に日蓮聖人御廟への分岐があります。

これを御廟の方向に進みます。

これといった目印がないので詳しい説明はできませんが、見渡す限りの桜の屋根の下で夢のようなお花見散歩を楽しめました。

身延山・西谷 桜ギャラリー

続きはギャラリーでお楽しみください。写真をクリックすると大きくなります。真の参拝者や観光客の多い本堂周辺と違って人が少なく、ゆったりと楽しめるのも西谷の素晴らしいところです。

いかがでしたか? 我々が歩いたのは2019年の4月で、ちょうど満開に近い時期に合わせることができました。開花情報をチェックしてこの素晴らしいお花見散歩を楽しんでくださいね。

関連記事です。
身延山は紅葉の季節も素晴らしいです。



静岡県周辺ということで静岡県森町の小國神社の紅葉もみごとです。