今日の晩ごはんは、夏食材の脱マンネリメニューです。

まずはチョレギサラダ。レタスと青ネギを胡麻油と塩で味付けしました。

こちらはイワシの香味焼きです。イワシの料理というと、パン粉焼きとかフライばかりになってしまっていたので、少し珍しいことをしてみました。

イワシの内側に糊代わりの小麦粉をまぶしてと大葉を巻いて、串に刺して焼きます。外側は片栗粉でコーティング。形がついたら串から外してOK。
夏の味覚ミョウガをかけて、ポン酢をたらしていただきます。シシトウはイワシの脂でついでに焼きます。

こちらは冬瓜の中華煮です。
昨日の冬瓜カレーに引き続いての登場ですが、いつもの和風そぼろ煮だと面白くないので、今回は新しいことをしてみました。鶏ガラスープの素とオイスターソースと醤油とみりん、香り付けに胡麻油をちょろっとたらします。

我が家の家宝STAUB鍋で美味しく炊きあがりました。

[今日のメモ]
旬の食材はつい多用してしまいますが、少し味付けを変えると気分が変わって良いですね。