フランス・イタリア・スイスの3国にまたがり、モンブラン山群を1周する美しいハイキングルート、ツールドモンブラン(Tour de Mont Blanc)。1週間かけて歩いた旅の中で出会った風景をご紹介します。

1:Tre la Tete小屋の夜明け

20130901-TMB Day1-18

Morning at Refuge Tre la Tete, Tour de Mont Blanc

ツールドモンブランのルートから少し外れた山小屋・Tre la tete小屋から、朝靄のかかったコンタミーヌ(Les Contamines)の町を見下ろす。山深い場所で朝夕のマジックタイムを堪能できるのは山小屋泊ならではのこと。ツールドモンブランの旅は、できるだけ山小屋泊でまわることをオススメします。

2:ボンノムのコル(Col du Bonhomme)

20130902-tmb-day2-18

Col du Bonhomme, Tour de Mont Blanc

反時計回りの正規ルートで最初の山岳風景、ボンノム峠。コンタミーヌから牧歌的な風景を抜けて森林限界を越え、岩山が露出し、山の険しさを感じる場所。風が気持ち良く抜けていくので、長い登りの後の休憩が気持ちいいです。ここでランチにしているグループも多かった。

3:ベニの谷(Val Veni) 前半

Val Veni, Tour de Mont-blanc

Val Veni, Tour de Mont-blanc

フランス−イタリア国境・セーニュ峠(Col de la Seigne)をこえ、イタリア側の拠点クールマユールへ伸びる大きな渓谷。山深いイタリアパートを象徴するような風景です。

4:ベニの谷(Val Veni) 後半

20130903-tmb-day3-44

La Visaille, Tour de Mont Blanc

ベニ谷のエリザベッタ小屋やコンパル湿原を越え、メインルートではクールマイユール手前のCol Checroitに登っていくはずが、道を間違えて車道に沿って横移動するバリエーションルートに入ってしまった。そこで出会った風景。はるか先のイタリア−スイス国境・グラン・コル・フェレ(Grand Col Ferret)まで見通せる。すっきりとした天気に恵まれました。

5:ベルトーネ小屋付近のトレイル

20130904-tmb-day4-28

Around Refugio Bertone, Tour de Mont Blanc

クールマイユールから700m登った場所にある山小屋・Refugio Bertoneの先のトレイル。イタリア側からみる荒々しいモンブランはもちろん、巨大な山群を間近に感じることができます。

6:グランドジョラスとフェレ谷 (Grand Jorasses and Val Ferret)

ツールドモンブラン フェレ谷の風景

Grand Jorasses and Val Ferret, Tour de Mont Blanc

ベルトーネ小屋からボナッティ小屋に向かうルートでの1枚。左にグランドジョラスの岩山、前方下にはフェレ谷がイタリア−スイス国境のグラン・コル・フェレまで続く。岩山にかかる雲も美しい。

7:ボナッティ小屋から見るモンブランの朝焼け

20130905-tmb-day5-3

Sunrise at Refugio Bonatti, Tour de Mont Blanc

イタリア側のボナッティ小屋からは朝日に照らされるモンブランを見ることができます。9月初旬ですが、早朝は日本の冬並の寒さ。そんな中でコーヒーを飲みながら朝日を眺めるのは、山小屋泊での至福のひとときです。写真には映っていませんが、もう少し手前ではグランドジョラスも赤く輝いていました。

8:グラン・コル・フェレ(Grand Col Ferret)

20130905-tmb-day5-25

Val Ferret from Grand Col Ferret, Tour de Mont Blanc

イタリアパート終盤のグラン・コル・フェレから後ろを振り返ると、これまで進んできたベニ谷とフェレ谷が一気に見通せる絶景が広がっています。

9:トレイルをふさぐ牛たちと、花畑のようなお家

20130905-tmb-day5-36

Cows on trail, Tour de Mont Blanc

グラン・コル・フェレを越えたスイスパート序盤の風景。斜面にひろがる牧場の真ん中をトレイルが通っていて、牛さんたちを上手くかわしながら進まなければなりません。のんびりと草を食む牛たち。カウベルのカラコロとした音色が響いています。

20130905-tmb-day5-45

Lovely House, Tour de Mont Blanc

そして、スイスパートではこんなお花畑のようなかわいらしい家が並ぶ村も通り抜けます。

10:天空の鏡 Lac Blanc

20130907-tmb-day7-21

フランスパート終盤、シャモニーの手前にある美しき池、Lac Blanc 。水面が静まると、モンブラン山群を映し出す鏡のようです。ツールドモンブランのバリエーションルートですが、フレジュールのロープウェイを使ってシャモニーから登り、ハイキングを楽しむ人も多いようです。早朝の風景が美しいので1泊過ごすのがオススメです。

山小屋から山小屋へ歩いてつなぐハイキング

毎日がハイライトともいえる美しきハイキングルート、ツールドモンブラン。ルート上の山小屋は、過酷なイメージのある日本の山小屋と違って、シャワー完備、食事はコースで提供されており、1日1日きちんと疲れをリセットすることができます。トレイルも横移動が多いのでそれほど体力はいらないと思います。また、ルート上の案内板も多くあり、携帯していた地図を見ることはほとんどありませんでした。

ツールドモンブランの全行程を歩くには一般的には10日程度かかると言われています。時間に余裕があれば、ヨーロッパのハイカーたちのように余裕のある行程でのんびりと山小屋滞在を楽しみたいものですが、私はできるだけ公共交通がある区間はショートカットして7日間(日本からの全行程で9日間)でなんとか一回りできました。さらに時間がなければ、または体力が不安ということでしたら、シャモニーやクールマイユールを起点にした1泊〜2泊のショートハイクでも十分にこの美しいハイキングを堪能できると思います。

関連記事
ツールドモンブランを歩くために準備した物・事をまとめました。

日本の山も素敵です。